瀧川かずみ

CONCEPT

もともと彫刻家であった瀧川かずみ。そんな彼女のつくる帆布バッグは、ソリッドなパターン取りでありながら、大理石のように重みのある骨組みをしています。幾重にも塗り重ねられた”ロウ”によるコーティングが、厚手のキャンバス地の芯まで染み渡り、彼女にしか作れない新しい素材を生み出しています。”新品が最良”だなんてことはありません。使い込むほどに、独自の染め(烏龍茶×鉄)とロウのコーティングが反応しあい、持ち主の日常がフロッタージュとなって浮かび上がります。その都度の風合いを楽しみ育てていく、レザーのような芸術品です。