MOUT RECON TAILOR

CONCEPT

MOUT RECON TAILOR Military Operations on Urban Terrain Reconnassance Tailor MOUT(市街地)での日常生活において、RECON(偵察部隊)のように その生活から情報を収集し、独自の解釈で再構築させた 独自解釈で戦略的に再構築をした次世代高機能衣類 現代の主にアメリカ軍の現行タクティカル装備にあるMIL-SPECを都市での 生活にどのように使用すれば有意義に又は快適に機能するのかを追求。

MOUT RECON TAILOR

ORIGINAL SPEC

オリジナルのスペックEPACS(エパックス)
拡張式ポーチアタッチメントシステムExtended Pouch Attachment Clothing System
を提案。ECWCS ※1 がレベル1〜7を上げるごとに防寒するのに対し
EPACSはレイヤードするごとにPALS ※2 のシステムを使い装備を機能拡張。

また付属類、ウェビング、パイピングテープ、プラスチックバックル、金属パーツの
全てにおいても米軍装備品に採用されるMIL-SPECを持つITW NEXUS社、ATLACO社、
COUDURA社、Austria Alpin社、等多くの政府納入会社の物を選び、通常使われる事の
無いパーツを使用。

従来のミリタリーデザインのベースになりがちな過去の軍用服にあるイメージに捉われることなく、進化するスペックやディティールを自在に解釈し提案します。

※1 ECWCS
拡張式寒冷地被服システム Extended Cold Weather Clothing System
U.S. Army Natick Research, Development and Engineering Center)によって
1980年代に開発された保護服システム

※2 PALS
Pouch Attachment Ladder System
U.S. Army Natick Research, Development and Engineering Center)によって
開発された装備品の取り付けシステム